ニコニコ動画、ついに失速の理由

すでに、あちこちで触れられているように「ニコニコ動画」のアクセスが5月半ばから落ち始めたようだ。運営者からの発表はなく、論拠となるのがAlexaのデータくらいだから、数字でははっきり出てこないが、「ニコ厨」の1人として言えるのは、多くのユーザの目を引くような強烈なコンテンツが急に少なくなったこと。総合ランキングに上がってくる動画が「小粒」になってきたのだ。

理由は、ただ1つ。違法アップされた動画の削除を精力的に実行しているからだ。以前は、権利者からの申し立てがなければ削除しなかったテレビ番組の一部も、明らかにテレビだとわかれば、ニコニコ動画側で削除している。テレビのニュース動画をネタに、コメントで盛り上がるという現象も、ほぼ見られなくなった。もちろん、アニメなどの一話まるまるアップも激減した。たとえば、検索ボックスに「らき☆すた」とか「涼宮ハルヒの憂鬱」とか入力したら、全話ヒットしたという時期もあった。ご丁寧に、DVDからリッピングしていたものもあった。

さて、ここから何が起こったか。まずは、ユーザが違法アップされた動画を目にする機会が減ってきた。昨年なら、「ぼくらの」とか「さよなら絶望先生」とか、ニコニコ動画で全話見ることができた。総合ランキングにあがってくるくらい、多くのユーザが目にしていた。しかし、今ではそれはあり得ない。

すると、多くのユーザが知っているアニメが減ってくる。ニコニコ動画でアニメを見ていた人の中には、ニコニコ動画からそのアニメがなくなったとき、テレビのスイッチを入れてDVDレコーダーで録画するかと言えば、そのまま見なくなってしまう人が多いと思われる。つまり、ニコニコ動画から消えるとともに、そのアニメの知名度も下がってしまう。

ここで連鎖が止まるなら、まだいい。違法アップされた動画を見に来ていたユーザが離れ、違法アップされていたアニメ番組の知名度が下がるくらいなら、それはコンテンツホルダー各社のスタンスにしか関係ない。しかし、問題はそこにとどまらない。MADが成り立たなくなってくるのだ。

よいMADに必要な条件は、素材を集め、組み合わせる制作者のスキルだけではない。見ている人が元になった素材を知っている必要がある。知らない素材を組み合わせても、「そういうものか」と思われるだけだ。意外性を感じさせるMADを作るには、広く知られている素材が数多く必要なのだ。違法アップされた動画の削除が厳しくなったことにより、多くのユーザが知っている動画が少なくなってしまい、MADの成立条件を満たさなくなった。これにより、優れたMADを制作することが難しくなった。

よいMADが減った原因としては、もちろん、「本編だけでなく、MADも削除する」というニコニコ動画運営者や権利者側のスタンスも挙げられるが、しかし、「削除されるから減る」以外の理由が潜んでいるのを見過ごしてはならない。結果として、おもしろいMADが減ったために視聴時間が減少し、ついにはユーザが減少し始める。

運営者側はこの流れをどう見ているか

さて、このようにMADの制作・発表のための場としては、その役割を終えたニコニコ動画だが、運営者側はこの流れを嫌悪していないと思われる。なぜなら、回線使用料が大変なことになっており、このままでは黒字化の見通しが立たないからだ。以前、ユーザを招いた記者発表会でも誰かがちらっと言っていたが、ユーザそれぞれの視聴時間は減り、ユーザ数が増えてくれた方が広告掲載のためにはいいらしい。

とにかく、データの流量を減らさないといけない。収入源も増やさねばならないので、コンテンツ事業者などとも良好な関係を気づく必要がある。となれば、コンテンツ削除のガイドラインを厳しくし、違法アップされた動画のように、視聴が集中しやすいコンテンツを削除するのがいろいろな面でいいだろう…そう考えて、いわゆる「削除祭り」になったのだろう。

ひろゆきが公言していたように、違法アップされたアニメを見たい人はニコニコ動画からいなくなってくれ、というのは運営者側の本音に違いない。ただ、ユーザが大きく減るのはおもしろくない。そこで、導入されたのが、「ニコニコ映画祭」であり、よしよし動画などの公式動画であり、コミュニティ機能だろう。「歌ってみた」「踊ってみた」なども含めて、CGMっぽいものを推進すると同時に、ユーザの囲い込みを促進し、さらに公式動画や他業種とのコラボを含めて、いろいろな引っかかりを用意しておき、ユーザから見た間口を広げる作戦に出ていると考えるべきだ。いずれもキラーコンテンツとなるには力不足のため、継続的にコンテンツを供給できるように、いろいろなアイディアが必要だろう。

ニコニコ動画は、すでに動画共有サイトという新しいインフラの一角を占めるようになった。多少ユーザが減ったとしても、何とか運営していくことはできよう。少なくとも、しばらくの間は、国内の動画共有サイトではトップを走ることは間違いない。しかし、もはや新しさは感じられないし、初期の熱狂的な支持もまた感じられない。

機能面を見ても、会員以外は限られた方法でしか視聴できず、プレーヤーごと貼り付けられないブログが多いという点でYouTubeに劣り、画質・音質でzoomeに劣る。コンテンツ面では、違法アップされた動画の数では中韓のサイトやYouTubeに劣る。ニコニコ動画が他の動画共有サイトに大きく勝っているところがあるとすれば、ユーザからの支持だろう。「削除祭り」を発端とし、アクセス減、MAD職人のzoomeへの逃避など、大きな問題がある中、どういう舵取りをしていくのかを見守っていきたい。

(追記)
アホすぎる動画を見つけたので、追加。

iPhoneは成功するか



iPhoneの発売まで、あと2週間を切った。とある案件のため、複数台確保しないといけないのだが、発売日に入手できるかどうかはまったく不明だ。先週の段階で予約を受け付けているソフトバンクショップはほとんどなく、小さなショップでも30件以上の予約が入っているところもあるようで、ほとんどの場所で予約受付を中止している。ネットでは、発売日の販売を請け合ってくれた幸運な人もいるようだが、私は残念ながら、そのような幸運には巡り会えなかった。予約できるようになった電話してくれるところが数カ所あったので、そこを頼りにして、あとは当日並ぶしかないだろう。

さて、iPhoneが売れるかどうかについて、いろいろな意見がある。テクノロジーに強い人はiPhoneが売れるかどうかには関係なく、「iPhone万歳」の傾向にある。マーケティングに強そうな人も、だいたい「iPhoneはそこそこ売れるだろう」という意見だが、日本独自のケータイ文化に求められる機能を搭載していないことを理由に、「それほど売れないのではないか」という予測をしている人もいる。あと、「売れるわけないだろ」と書いて、読者を「釣って」いる人も結構見かける。

売れるかどうかはともかく、iPhoneと日本のケータイ文化について、ちょっとだけ私も考えてみる。

まず、イノベーターやアーリー・アダプターに属する人たちは、金銭的な余裕さえあれば、多くの人が買うだろう。ここに属する人たちだけで、発売日の出荷台数は簡単にはけてしまうのではないか(何台出荷されるのかがわからないから、この予想にはあまり意味がないが)。ただ、アーリー・マジョリティやレイト・マジョリティなど、いわゆる普通の人たちが手に取るには、ややハードルが高い。なぜなら、iPodのように、これまで使っていなかったものを使い始めるのではなく、すでに使っている携帯電話をiPhoneに変更する必要があるからだ(普通の人は、ケータイを2台持ったりしないため)。アーリー・マジョリティやレイト・マジョリティの中にも、モバイルSuicaなどおサイフケータイを使っている人は多いだろうし、そこまでいかなくても、モバゲーやmixiモバイルなど、従来のケータイからしかアクセスできないサービスから離れられない人は非常に多い。また、先進的ユーザの中でも、おサイフケータイを日常的に使っている場合、乗り換えはしづらい(なので、追加購入となる)。せっかく便利な環境があるのに、不便な環境に戻ることを選ぶ人はそれほどいないからだ。

あと、地味に痛いのがiPhone搭載のSafariがFlashやJavaに対応していないこと。たとえば、ニコニコ動画を見ることはできない(YouTubeは、YouTube側が対応しているため、アクセスできる)。動画共有サイトにアクセスされると回線に負担がかかるのはわかるが、用途を広げるには厳しい。内蔵カメラが200万画素しかないのも、今となってはマイナスポイントの一つだ。最近増えてきた、電車の中でワンセグを見る人にとっては、iPhoneは最初から選択肢の中にないだろう。

タッチパネル式の入力方法は、iPod touchと同じだとすれば、若干厳しい。日本語変換機能が低いため、ATOKなど高機能かな漢字変換ソフトを搭載しているケータイを使いこなし、長文のメールを送受信する人にとっては、おそらくiPhoneはストレスのたまる端末になるだろう。

一方で、MobileMeとの同期が可能なのは悪くない。個人的には、先月から今月にかけてAppleから発表されたことの中で、もっとも革新的な内容はMobileMeだと思っている。これまでOutlook+Exchange Serverの牙城であり、Microsoftに残された最後の聖域の一つ、企業内コミュニケーションという領域に切り込んでいくために、必要不可欠だったのが、Windowsとの連携だった。まだ試していないから何とも言えないが、MobileMeによってそれが可能になると思われる。年間9800円は決して安くないし、メールアドレスとバックアップ領域、Webサイト公開サービスくらいでは、絶対に元が取れないと思うが、Windowsと連携が取れるなら導入に踏み切る人も増えてくるのではないか。現在のところ、メール、メールアドレス、連絡先、カレンダー、ブラウザの「お気に入り」くらいだが、Outlookを使っているWindowsユーザにとっては大きな魅力になるだろう。

まとめてみると、iPhoneを買わない「普通の人」とは、こんな感じだろうか。

・モバゲーやmixiモバイルなどのユーザ
・ケータイのデジカメ機能に画質を求めるユーザ
・おサイフケータイをすでに導入して使いこなしているユーザ
・ケータイで動画を楽しんでいるユーザ
・ワンセグをよく見るユーザ
・ケータイで長文のメールを入力するユーザ

ビル・ゲイツの引退と1つの時代の終わり

Bill GatesなどMicrosoft社の経営者たち

ビル・ゲイツ(Bill Gates)がとうとうMicrosoftから退いた。実権はすでに他の役員たちに譲り渡しているので、大きな影響はないと言われている。8ビットPC時代には、MicrosoftのOSはまだ1つの選択肢でしかなかったが、MS-DOS、Windows 3.1を経て、Windows 95で「Windowsが動かないものはパソコンではない」となった(もちろん、Macもあったけど、私にとっては端的に高価すぎた)。

最近のMicrosoftは、巨大な船がゆっくりと沈没していく様を見るかのようなイメージを受ける。先日のYahoo!買収失敗で、インターネットでの顧客拡大の足がかりを失ったのが大きいが、それがなくても、コンシューマー向けのWindowsでは「迷走」という言葉がぴったり来るような状況だ。よくAppleのMac OS Xと比べられるが、Windowsの進歩の速度はMac OS Xと比べればあまりにも遅く、ユーザに対して「こうやったら、便利になりますよ」というアピールが感じられない。また、Windows 98以降のバージョンアップは、「改良点を下から積み上げた結果、こうなりました」という箇所が多く、乗り換えを容易にしている反面、新しさを感じにくい。Windowsは、今後もバージョンアップを続けながら、そのままの形でレガシーなシステムとなっていくのかもしれない。

ただ、サーバ部門など有益なソリューションを提供し、実績も好調なところもあるので、Microsoft自体がそんなに早く「沈没」してしまうとは思わない。WindowsとMicrosoft Officeという「スクリュー」の力は巨大で、XboxやMSNといった部分に大きな「穴」が開いていたとしても、しばらくはカバーすることが可能だろう。

(おまけ)
http://www.gizmodo.jp/2008/01/post_2927.html